仕方ないことですが、違和感あるなぁ

user-pic
0

ラジオをよく聞きます。


薬局業務の時も裏の部屋にはラジオを流し、自宅で作業するときも何かしらラジオや音楽を流しています。

ここ最近のラジオも、ゲストの様な人が、ラジオ局にわざわざ来て話をしていくというのがなくなってきているようで、多くの場合が電話などでの出演になっているようで、一人ならばよいのですが、複数人になるとやはり対面して話すのはいろいろ大変なようです。

お互い映像も出しての様ですが、タイムラグや少し違和感は仕方ないですね。

もっと言うと、メインのパーソナリティーが自宅からリモートでの出演というのも増えていますね。

これが確立すると、ゲストなどはどうかと思いますが、スタジオは不要になってくるのかしら?


最悪な時ではありますが、こういうところから新しいテクノロジーが生まれ、新たな時代になって行くのかな?

このブログ記事について

このページは、ひでおが2020年4月27日 14:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「暑いのか寒いのか・・・」です。

次のブログ記事は「サイクリングで体を動かすことに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク